ブロリコは癌予防の効果も期待できる?

 

 

癌の予防に効果が期待できるのであれば

ブロリコは本当に素晴らしいサプリメントです。

 

 

ブロリコは東京大学との共同研究によって

見つけ出されたブロッコリーの新成分で、免疫細胞を

活性化させる働きを持っています。癌予防にも

効果が期待できるとされている今注目の成分です。

 

 

 

ブロッコリーは栄養価の高い緑黄色野菜として知られ、

ブロッコリーそのものも癌予防に効果があるとも

言われていますが、ブロリコはブロッコリーを

食べるだけでは体内に吸収できません。

 

 

 

特殊な製法によって抽出し、サプリメントとして

摂取することで初めて体内に取り込むことができます。

 

 

 

人間の免疫力は、食事や睡眠などの日常生活や、

年齢などによって大きく左右されるものです。

 

 

 

通常の考えだと、免疫力の頂点は20歳くらいと言われ、

歳をとる事によって減少の一途をたどります。

 

 

 

病気にかかっても、病種によって自然治癒が可能なのは、

免疫力の働きによるものです。

 

 

 

免疫力が弱まると、疲れやすくなり、風邪を

引きやすくなったり、回復までに時間がかかったり等、

様々な体調不良の原因となります。

 

 

 

一度低下してしまった免疫力を回復させるには

時間が必要となり、また、加齢による低下を

向上させるのはかなり困難なことです。

 

 

 

そのサポートを可能にしているのが免疫力を

高めてくれるブロリコなのです。

 

 

ブロリコは、免疫の役割を果たす細胞の一つ

「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」の働きを

促進させることによって、免疫力を

アップさせてくれます。

 

 

 

埼玉県立がんセンターの研究では、NK細胞の活性が

弱いと病気の発症リスクが高くなることが

発表されています。

 

 

 

NK細胞を活性化させるブロリコには病気の

予防効果があると考えられ、癌予防の効果も

期待されています。

 

 

 

ブロリコを摂取している人は、40代・50代以上の

免疫力の低下を感じている世代が中心となっていて、

免疫力アップと同時に、癌予防のためにブロリコを

飲んでいると言う人も少なくないようです。

 

 

 

実際のところ、癌細胞には免疫力は働かないため、

癌は自然治癒はほとんど不可能と考えられています。

 

 

 

にもかかわらず、癌治療や癌予防には、免疫力が

必要と考えられています。

 

 

 

癌が発生するメカニズムは解明されてはいませんが、

免疫力との関わりを無視することはできないからです。

 

 

 

日常的に小さな病気を撃退する免疫力を持つことで、

間接的な癌予防となっていると考える研究者もいます。

 

 

 

実際に癌にかかった場合も、その進行を遅らせたり、

薬の副作用に対抗するためには免疫力が

必要となります。

 

 

 

最近では、癌治療・癌予防にも免疫力を取りいれる

「免疫療法」が、「外科療法」「化学療法」「放射線療法」に

次ぐ第4の癌治療法として期待されています。

 

 

 

 

ブロリコで免疫力を高めることは、様々な病気の

予防と同時に、癌予防にもつながると考えられます。

 

 

 

加齢によって免疫力が低下してしまう前に、

早めに対応することも重要となっています。