元気が出ない原因を分析してどのように

対処したらいいでしょうか?

 

 

元気が出ないとなにかをしたいという意欲が

なくなり、更には他の人の元気を

奪ってしまうことになりかねません。

 

 

家族に不安を与えるし、仕事の効率が落ち、

友人にも心配をかけることになるでしょう。

 

 

また無気力になり、人生どうでもいいという

自暴自棄に陥ってしまうことになりかねません。

 

 

そんな時にはその状態から抜け出すための

努力が必要になりますが、なぜ自分が

元気が出ない状態なのかという原因を

考えてみるのは良いかもしれません。

 

元気が出ない原因というのは、いろいろありますが、

悩みが多過ぎることとかなんでもきちっと

思い通りにいかないと気が済まなかったり

という気持ちが強過ぎて頑張り過ぎてしまう

ということがあるかもしれません。

 

 

つまり燃え尽きのような状態になって、

無気力になってしまうのです。

 

 

そんな時にはよく寝ること、そして完璧主義な

傾向を止めて、もっとアバウトになることが

できるかもしれません。

 

 

人生というのは思い通りにいかないことだらけ

ですので、あまり自分を追い込まないように

することです。

 

 

失敗も笑えるようになりたいですし、

なんとかなるというゆとりを持つことが

助けになります。

 

さらに元気が出ない原因としては精神的に

不安定になっているのかもしれません。

 

 

それは人間関係からのストレスやプレッシャーが

原因になったり、いじめやパワハラ、人が

怖いという気持ちからも来ます。

 

 

そうした状態はうつ症状となって表れてきて、

食欲の不振や力が出ない、自分など価値が

ないという気持ちを生じさせてしまいます。

 

 

ちょっと勇気が要るかもしれませんが、

精神科に行ったり、精神安定剤を服用する

というのも1つの方法であり、気持ちが随分楽になります。

 

さらに元気が出ない原因としては、更年期に

入っているゆえに特有の症状である可能性も

あります。

 

 

何かが悪いのではなく、仕方がないことであり、

上手に対処していくことで改善していくことが

できます。

 

 

好きなものを食べたり、欲しいものを買ったり、

面白いテレビを見たりDVDで映画を楽しんだりして

時間を過ごすことができます。

 

 

楽しいことをしていると、自然に元気が

出てくるものです。

 

 

元気が出ないときには原因を分析して実際的な

対処をしていけば上手く乗り越えていくことができます。

 

それと、体に必要な栄養であるブロリコを服用するのも良いかもしれません。