元気が出ないときに効果的な食べ物が

ある事をご存知でしょうか?

 

 

元気が出ない原因として、身体の疲れだけではなく、

心の疲れが原因である場合があります。

 

 

元気が出ない時は休養も必要ですが、生活と

密な関係性にある食べ物にも気を使う

必要性があります。

 

 

心身共に元気な身体というのは、食べ物が

深く関係しています。

 

 

まず、身体が疲れて元気が出ない時に

取り入れたい食べ物といって思い付くのは

ウナギやお肉など活力が出るものではないでしょうか。

 

 

確かにウナギやお肉は元気が出ないときに

摂り入れるとよいですが、毎日肉体労働

だからといってお肉を毎食、ガッツリ食べてしまうと、

逆に身体への負担がかかる可能性もあります。

 

 

お肉や甘いものは適度には良いのですが、

過度に摂取してしまうと血液の流れが

悪くなります。

 

 

そのため、血液の流れをよくする必要があり、

納豆や生姜など、血液の流れをよくする

食べ物を積極的な取り入れることが必要です。

 

 

また、酵素が含まれている食べ物も元気が

出ない時には効果的だと言われており、

生野菜やクエン酸を含んでいる梅干しや

柑橘類などを積極的に摂取することが必要です。

 

 

次に、心が疲れて元気が出ないときに効果が

期待できる食べ物ですが、心が疲れているときは

セロトニンの動きを活発にしてあげることが大切です。

 

 

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、

精神のバランスを整えてくれます。

 

 

セロトニンはトリプトファンが含まれている

食べ物が不足すると、セロトニンの成分が

低下しますので、トリプトファンの成分が

多く含まれている食べ物に目を向けることが大切です。

 

 

トリプトファンが多く含まれている食べ物には

鶏むね肉や白米などが挙げられます。

 

 

ダイエット中はお肉や白米の摂取を控える方が多く、

そのためストレスが溜まりやすいと言われています。

 

 

ダイエット中でも適度にトリプトファンを

含む食べ物を摂取することが必要です。

 

 

しかし、気を付けなくてはならないのは、

セロトニンはトリプトファンとの生合成が

あるビタミンBやマグネシウムも同時に

摂取をしなくては意味がありません。

 

 

そのため、ビタミンBを多く含むカツオや

赤みマグロ、マグネシウムを含むワカメや

ひじきなども摂取することが必要となります。

 

 

もちろん、ブロリコもおすすめなので積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。