元気が出ない時はどうしたらいいと

思いますか?

 

 

人間誰でも元気が出ない時はあります。

 

 

でも、毎日仕事にしろ、家事にしろ行わない

訳にはいきません。

 

 

どうしても元気が出ない時、

どうしたらいいでしょうか?

 

 

何点か有効な方法を挙げてみましょう。

 

1.良質な睡眠を取る睡眠不足は

最も元気が出ない原因として、思い当る事が

あるのではないでしょうか?

 

 

理想的な睡眠時間帯は、よく言われるように

午後10時~午前2時までの間です。

 

 

この時間帯に成長ホルモンが分泌され、

疲労の回復も高まる時間帯と

言われています。

 

 

睡眠は長い時間取るのではなく、

良質の睡眠を取る事を心掛けましょう。

 

 

2.気分転換に好きな音楽を聴く元気が

出ない時は、やはり自分が好きな事を

するとやる気が起こる事がありますね。

 

 

何より好きな事ですから気分も上がります。

 

 

音楽はアップテンポの曲でなく、

静かな曲でも、一緒に口ずさまず

BGMとして流していても、気持ちが癒されます。

 

 

3.大声を上げて気合いを入れる「よしっ!」

「やるぞ!」といった声を上げて気合いを

入れる事はよくありますね。

 

 

元気が出ない時、どうしたらいいか

わからない時、一番に上げても良いのが

この方法です。

 

 

ただ「わぁ~!」と大声を出すだけでも

力が湧きます。

 

4.カフェインや栄養ドリンクやブロリコを摂る

カフェインは覚醒作用があるので、元気が

出なくてどうしたらいいかと思った時に、

すぐ飲んでみると、身体も動かすので

効果があります。

 

 

栄養ドリンクは覚醒作用とビタミン類が

摂取出来るので、やる気が出ます。

 

5.どうしたらいいかどうしてもわからない

場合これは深刻です。

 

 

でも、自分でも気づかないうちに精神的な面に

問題がでているのかもしれません。

 

 

元気が出ない時、どうしたらいいかを考える

事すら出来ない状態が続くなら、一度精神科か

心療内科を受診する事をお勧めします。

 

一時的に元気が着ない時はあるなら誰でも

ある事ですが、それが2週間も3週間も続くと

日常生活に支障が出て来ます。

 

 

軽いうつ病なら、どうしたらいいかと本人や

家族で悩むだけでなく、取りあえず早目に

病院へ行ってみましょう。

 

元気が出ない時もあまり軽く見過ごすことが

無い様に注意が必要です。