元気が出ない40代は栄養が足りていない

かもしれません。

 

 

40代になったあたりから、何となく毎日元気が

出ないと感じることが増えてきていませんか?

 

 

健康診断医に問題があるわけでもなく、

生活習慣が悪いわけでもなく、適度な運動を

しているのに何故か元気が出ないという

40代の悩む人はたくさんいます。

 

 

40代になって年を取ったせいかと諦めている人も

多いかもしれません。

 

 

しかし、この元気が出ないのは

当たり前ではありません。

 

この元気が出ない原因は40代になった体を

維持する栄養が足りていない証拠なのです。

 

 

今まで通りの食事をしていても、消化も

悪いですし新陳代謝も下がっているので

元気が出ないのは当たり前なのです。

 

 

40代だからこそしっかりとした栄養を

取らなくてはいけません。

 

ではどういった栄養を摂取すれば

いいのでしょうか?

 

 

それは40代ならではの原因となるものを

解決していく栄養分です。

 

 

血流やホルモンの減少、慢性的な栄養の

不足などの原因が重なり体が元気が出ない

状態になっています。

 

 

まずは筋力が低下していくことで血流の流れが

悪くなることを解決するにはカプサイシンや

ビタミンEの摂取が効果的です。

 

 

次に女性ホルモンの減少には大豆イソフラボンや

ビタミンEが有効です。

 

 

甲状腺ホルモンの低下にはチロシンやセレン、

亜鉛が良いと言われています。

 

 

また慢性的に栄養不足になりがちなのが、

アミノ酸やクエン酸や鉄分となります。

 

こういった栄養分を考えながら日ごろの食事に

気を使い、足りないものはサプリメントなどで

補っていかなくてはなりません。

 

 

だからこそ40代になるとサプリメント、ブロリコ

栄養ドリンク、漢方といったものを飲む人が

増えるのです。

 

 

合わせて規則正しい生活や、しっかり睡眠時間を

取ったり、適度に体を動かしていれば元気が

出ないという悩みは解決することが出来ます。

 

 

年のせいだからと諦める前に、一度自分の

食生活と栄養を見直してみてください。

 

 

そうすれば元気が出るようになるだけでなく、

健康的な体も維持することが出来るようになるでしょう。