朝に元気が出ないときの有効な対処法を

ご覧ください。

 

 

朝起きても体がだるくて元気が出ないと

思うことがありますか?

 

 

これから仕事や学校へ行こうとするときに

元気が出ないのは辛いですよね。

 

 

そこで、今回は朝に元気が出ないときの原因と

対処法を大公開!みなさんの朝に活力を

与えていきましょう!

 

原因1:寝不足睡眠時間が十分に取れていない場合、

朝に元気が出なくなる可能性が高いです。

 

 

厚生労働省によると、30代の理想的な睡眠時間は

一日7時間程度。これを下回ってしまうと、

翌日疲れがとれず、作業効率も低下するおそれがあります。

 

 

寝付きが悪くて実際の睡眠時間が少なくなってしまう

という人は、寝る前にはテレビやスマートフォンの

光を見ないようにする(光によって脳が覚醒してしまう)。

 

 

足湯につかる(血流促進で寝付きをよくする)など、

日頃の生活習慣の見直しと改善を心がけてみましょう。

 

 

原因2:低血圧低血圧によっても朝に元気が

出なくなることがあります。

 

 

低血圧の人は朝になっても起きられなかったり、

動作が機敏になれないということが多々あります。

 

 

低血圧の場合の対処法は、早寝早起きにつきます。

 

 

寝る際の部屋の室温や湿度を適度に保ち、

リラクゼーション効果のある音楽やアロマを

用意しておくと快適な睡眠をとることができます。

 

 

また、寝る前の食事は最低でも3時間以内には

済ませておき、寝る前にはハーブティやホットミルクを

飲むなどして、体温を上げておきます。

 

 

さらに、低血圧の方は、毎朝牛乳一杯からでもよいので、

必ず朝食を食べる習慣をつけるようにしましょう!

 

 

しっかり食べないと血圧も体力も上がりません。

 

原因3:うつ病ストレスの多い現代社会では、

朝に元気が出ないという人が多いです。

 

 

これから職場に向かって仕事をしなければならないと

考えると、気乗りせず元気が出ないですよね。

 

 

このこと自体は全く普通のことですが、朝に

ものすごく元気が出ない、というよりすごく気分が

憂鬱になる、という場合にはうつ病を疑ってみた方が

よいかもしれません。

 

 

うつ病の特徴として、朝は特に憂鬱になり

(モーニングディプレッション)、夜は普通に

元気になれるというものがあります。

 

 

思い当たる節があれば近くの心療内科を

受診してみるのも手かもしれませんね。