白血球やNK細胞をブロリコで活性化

する事ができるのでしょうか?

 

 

免疫が気になっている人にとっては

朗報かもしれません。

 

 

人の体は、免疫力によって守られています。

 

 

 

体に入ってきた病原菌は、免疫力によって

撃退されるのです。

 

 

 

したがって、免疫力が高い人ほど

病気になりにくいと言えます。

 

 

そしてその免疫力を発揮しているものが、

白血球やNK細胞です。

 

 

 

これらは、血液に乗って常に全身を循環しています。

 

 

 

そしてその先々で病原菌を見つけるたびに、

撃退するために戦っているのです。

 

 

 

ところが白血球もNK細胞も、年をとることで

徐々に衰えていきます。

 

 

 

衰えると、病原菌の力がしっかりと抑えられないため、

病気になるリスクが高まります。

 

 

それを防ぐために利用されている健康食品が、

ブロリコです。

 

 

 

ブロリコには、ブロッコリーから特殊な

テクノロジーで抽出した元気成分が配合されています。

 

 

 

この元気成分には、白血球やNK細胞を

活性化させる力があるのです。

 

 

 

実際に臨床試験では、その効果を証明する

結果が出されています。

 

 

 

具体的には、約1ヶ月間ブロリコの投与を

続けた人々の体では、白血球やNK細胞による

自然免疫力が、平均して約10%アップしたという

データが出ているのです。

 

 

このパワーは、酵母中のβ-グルカンの約50倍、

青魚に含まれるDHAの約70倍です。

 

 

 

これほどのパワーを、ブロリコを飲めば

体に取り入れることができるのです。

 

 

 

高齢化が進んでいる現在の日本では、白血球や

NK細胞の衰えた人がどんどん増えています。

 

 

 

それに伴って、肺炎などの病気になる人も、

急増しています。

 

 

さらにはガンを発症する人も、年々増えています。

 

 

 

白血球やNK細胞は、体内で生み出された

異常細胞を撃退する力も持っています。

 

 

 

そのためこれらが衰えれば、異常細胞は体内で

増えやすくなります。

 

 

 

そして免疫力で抑えることができないほど

増殖すると、ガンを発症したことになるのです。

 

 

しかしブロリコによって免疫力が高まれば、

異常細胞が作られても、次々に退治されます。

 

 

 

つまりブロリコには、肺炎などの感染症だけでなく、

ガンの予防効果も期待できるということです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

もし、病気の予防などで栄養成分を

摂取したいという方は、ブロリコを試してみるのも

良いかもしれません。

 

 

臨床結果に基づいた効果を実感できる

のではないでしょうか。