朝、目覚めが悪い原因とその改善策を

紹介しています。

 

 

目覚ましが鳴ったのになかなか

起きられないといった悩みを抱えている方も

いらっしゃるかと思います。

 

 

寝起きが悪いためついつい二度寝を

してしまい遅刻をするところだったという

経験をした方もいらっしゃることでしょう。

 

 

眠れないのも辛いものですが、目覚めが

悪いのも厄介なものですね。

 

 

実は目覚めが悪いという状態を作り

出しているのは目覚ましが原因である

場合があります。

 

 

と、いうのも本来目覚めるべきタイミングでは

ないのに無理やり起こしてしまうことに

よって頭の切り替えが上手くできず、半分

寝ているような状態になってしまうためです。

 

 

このような状態を睡眠惰性と呼びます。

 

 

この睡眠惰性は質の悪い睡眠が原因となって

引き起こされるといわれているため、目覚めの

悪さを解決するにはそれらの原因を解消し、

良質な睡眠をとることが必要であるといえるでしょう。

 

 

ではどのようなことが質の悪い原因と

なっているかというと、一つに生活習慣が

原因である可能性があります。

 

 

例えば寝る前にパソコンやスマートフォンなど

強い光を発するものを操作していたり、

過度な運動をしたりすると脳が活性化されてしまい

眠りが浅くなってしまいます。

 

 

布団の中でもスマートフォンをいじっている

といった方はそれをやめ、運動もストレッチ

程度にしておきましょう。

 

 

また、胃の中に食べ物がたくさん残っている

状態で眠ってしまうと胃腸に負担がかかり

寝付きが悪くなる原因となります。

 

 

そのため食事は就寝する3時間前までには

済ませておくとよいでしょう。

 

 

ストレスや悩み事によって睡眠が浅くなることも

あるため、難しいかもしれませんがなるべく

考え込まないようにすることも必要です。

 

 

起床後に行うことで睡眠惰性を解消することが

できる習慣もあります。

 

 

例えば朝起きた時に朝日を浴びるといった方法で、

最近では太陽光と同じくらいの光を使って

起こしてくれる光目覚まし時計などがあるほど

有効な手段となっています。

 

 

目覚めが悪いと感じた際には導入を検討

してみるのも良いでしょう。

 

 

良質な睡眠をとって睡眠惰性を解消し、

スッキリと目覚めたいものですね。

 

 

そして、ブロリコで健康を維持してくれる成分を摂取しましょう^^