目覚めが悪い原因の改善法を紹介

しています。

 

朝中々起きられない、頭がいつまでも

シャキッとしないなど、目覚めが悪いと

感じる事はありませんか。

 

 

もし、十分な睡眠時間をとっていても

そう感じることがあるのなら、その原因には

「良い睡眠がとれていない」ことが考えられます。

 

「良い睡眠」の鍵を握るのは、

「深い眠り」です。

 

 

人の睡眠は、浅い眠りと、深い眠りの

2種類に分かれています。

 

 

深い眠りをとれていないと、長時間眠っても、

体や頭の疲れが取れません。疲れが残っていると

疲れを回復する為に体が勝手にもっと眠ろうとします。

 

 

そうして、目覚めが悪いというトラブルに

繋がってしまいます。

 

これを改善するには、疲れをきちんと

解消できる「良い睡眠」をとって下さい。

 

 

改善のキーポイントは、「眠りの入り方」です。

 

目覚めの悪い方、良い睡眠を取れていない方の

ほとんどが、「寝つきが悪い」というトラブルを

抱えています。

 

 

良い睡眠をとる基本ができていないから

中々眠れないのだ、と考えられがちですが、

実はその逆であることが、最近の睡眠研究で

判明しました。

 

 

はじめが肝心とは言いますが、

睡眠でも同じこと。

 

 

うまく寝付くことができれば自然と良い睡眠が

取れるという研究結果が出ています。

 

悪い寝つきを改善するには、「眠るべき状態」を

作ることが大切です。

 

 

心身ともにリラックスした状態が理想ですが、

心の平穏を作るのは難しいものですよね。

 

 

ここでは、より簡単に行える、体の面から

アプローチする方法をご紹介します。

 

まずは光です。人の体は、基本的に

「夜眠り、朝起きる」よう本能が

設定されています。

 

 

「暗くなってしばらくしたら眠り、

明るくなったら起きる」というタイミングです。

 

 

眠りたい時に合わせて、擬似的に

このタイミングを生み出しましょう。

 

眠る1時間前には、間接照明に切り替えるなどで、

部屋を暗く保ちましょう。

 

 

体に「眠るべきタイミングだ」と

感じさせます。

 

 

光を発する、スマホやPCなどの使用は

避けてください。

 

 

また、可能であれば、目覚める瞬間に

自然光を感じられるようにしましょう。

 

 

起きてすぐに自然光を浴びるのも

効果的です。

 

 

体に「活動を始めるべきタイミングだ」と

教えてあげて下さい。

 

次に、習慣です。ベッドや布団では

スマホを見たりせず、眠る以外の事を

しないようにしてください。

 

 

「ここは眠る場所、ここに来たら眠るだけ」と、

体に覚えさせます。

 

そして、ニオイです。人の嗅覚は脳に

多大な影響を及ぼします。

 

 

また、意識が途切れる瞬間、一番最後まで

感覚を持ち続ける器官でもあります。

 

 

眠る時は、不快に感じるニオイを

極力排除しましょう。

 

 

脱臭効果のある、炭やコーヒー殻を活用されると

良いかと思います。

 

 

より良い目覚めの為には、柑橘系の香りが

効果的です。アロマなどで取り入れてください。

 

最後に、体温です。

 

 

人は、「上がっていた体温が、適度に

下がった瞬間」に、最も眠りやすいと

されています。

 

 

入浴や、温かい飲み物を飲む等で、

一時的に体温を上げましょう。

 

 

適度に体温が下がる瞬間、入浴後2時間前後は、

睡眠に入りやすい状態となっています。

 

 

体が求めるままに、ベッドで

横になってみてください。

 

スムーズに寝付ければ、よい眠りが取れ

悪い目覚めの改善にも繋がります。

 

 

どれも特別、難しいことではありません。

 

 

ぜひ実践されてみてください。

 

 

お悩みの解決、改善改善につながれば幸いです。

 

代謝が落ちてきたかな?と感じた方は、ブロリコが人気です。