目覚めが悪い朝をすっきり解消させるには

どうしたら良いと思いますか?

 

 

朝目覚めが悪い。

 

 

朝起きるのが辛くて起き上がれないと

悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで目覚めが悪い原因とその解消法を

いくつか紹介したいと思います。

 

悪い生活習慣と慢性的な睡眠不足夕方から

長い時間昼寝をしてしまう、寝酒のつもりが

ついつい深酒をしてしまい夜熟睡できない。

 

 

仕事で帰宅するのが深夜で、早朝には起きて

出勤しなければならない。

 

 

このような生活を続けると睡眠不足から

朝起きられなくなります。

 

 

解消法は生活習慣を見直す事ですが、

仕事の終わる時間をコントロールするのは

なかなか難し物です。

 

 

なので、せめて夕方眠くなったら散歩に

出て夜まで起きている。

 

 

寝る前のお酒はほどほどにしておく

等、少しの改善で睡眠不足は解消されます。

 

寝だめをする普段目覚めの悪い朝を

迎える事が多く、休みの日くらいゆっくり

眠りたい!と思う気持ちから、一日だらだら

布団で過ごしてしまうと、睡眠の質を

下げるだけでなくその日の夜の睡眠に影響を

及ぼし、結果次の日に朝起きるのが辛くなるという

悪循環に陥ります。

 

 

解消法は休みの日でも、平日の起床2時間以内には

布団から出てしっかり目を覚ましす事です。

 

 

それでも目覚めが悪い時は、

短時間の昼寝をすることで解消されます。

 

病気を疑う精神的な病気が関係してると

ストレス型やうつ病が考えられます。

 

 

何度も夜中に目が覚める。

 

 

寝つきが悪く早朝に目が覚めてしまう

という人は、ストレスやうつ病が原因で

目覚めが悪いのかもしれません。

 

 

また、寝ている時に呼吸が止まる無呼吸症候群、

どれだけ寝ても眠気が取れない過眠症などの

病気があるので、いずれも解消法は専門医に

診てもらう事が必要です。

 

そのほか、女性ホルモンの影響で月経前に

過度に眠くなったり、逆に眠れなくなったりして、

朝目覚めが悪くなることがあります。

 

 

また、寝ている時に体が痛かったりかゆかったりして、

夜中何度も目が覚めてそこから眠れなくなり、

明け方に寝てしまい朝起きられない。

 

 

等様々な原因で朝が苦手になる人もいます。

 

 

栄養補給におすすめのサプリメントはブロリコ