目覚めが悪い時の頭痛の原因は

何なのでしょうか?

 

 

睡眠時間を十分にとっているのに、

朝がだるいやスッキリしない、

目覚めが悪いさらに、頭痛がひどくて

起きれないといった体調不良なことは

ありませんか?

 

 

それは、さまざまな原因で頭痛が

引き起こされて質の良い睡眠がでず、

目覚めが悪い状態になっているからです。

 

 

良くある身近な原因は「二日酔い」や

「ストレス」「過眠」「寝不足」や

女性の場合は「生理痛」が考えられます。

 

 

二日酔いの場合はアルコールによって血管が

拡張されてしまい、その血管の拡張によって

神経などが圧迫されて頭痛が起こる場合と、

アルコールの利尿作用によって寝ているときに

脱水症状を起こしてしまい寝起きの目覚めが

悪い状態での頭痛になってしまう場合です。

 

 

ストレスの場合はストレスホルモン

(コリチゾール)の分泌が増え、血管が

凝縮されてしまい血流が悪くなってしまい

頭痛を引き起こします。

 

 

コルチゾールは朝スッキリと起床する為にも

非常に必要な物でイライラなどのストレス

によってコルチゾールは自然と分泌されます。

 

しかし、そのイライラによって体内時計が

狂ってしまい熟睡の大きな妨げになってしまい

寝ているのに寝不足状態で目覚めも悪い

状態になり、頭痛にも繋がります。

 

 

過眠の場合はリラックス状態が続いており、

副交感神経が優位に働いている時ですが、

そのため血管は拡張されている状態で

また神経などを圧迫してしまう場合があります。

 

 

それが原因で目覚めた時に

頭痛になる場合があります。

 

 

生理痛の場合血液の量が少なくなってしまい

それが原因で脳の酸素が少なくなる場合と

女性ホルモンのバランスが乱れて血管が

拡張して頭痛になる場合があります。

 

 

寝不足の場合は体や脳の疲れをとって

リフレッシュしてスッキリさせることが

出来ずに筋肉などが神経を圧迫してしまい

頭痛を引き起こしています。

 

 

それぞれの原因で言えるのは十分な

睡眠時間をとっていてもそれぞれの原因で、

体調が悪い状態になり、質の良い睡眠が

十分にとれていない状態になり、朝の目覚めが

悪い状態になるだけではなく頭痛を引き起こしてしまいます。

 

 

二日酔いに弱いという方は、ブロリコがおすすめです。