目覚めの悪い症状に睡眠サプリで解消できる

のでしょうか?

 

 

若いころはそうでもなかってけれど

年齢も30代を超えて40,50代にもなれば

なるほど目覚めが悪いという症状を

抱えてしまうものです。

 

 

 

そこでサプリを摂取する方法があるのですが、

サプリを摂取する前に目覚めの悪い症状に

なるのはどうしてでしょうか?

 

 

前日の疲れが取れず眠りの質が落ちてしまう、

目覚めの悪い状況を作り出してるのは

レム睡眠とノンレム睡眠の感覚があり、

これが整っていなければ脳はゆっくりと

休息を取れずに目覚めの悪いことに

繋がってしまうのです。

 

 

そしてそうなれば身体にダルさを覚え、

さらに悪循環になる場合もあります。

 

 

そこでサプリを摂取することになるのですが、

サプリで本当に解消できるのでしょうか。

 

 

まず目覚めの悪い環境を作り出してるのは

自分自身の環境によるものかもしれません。

 

 

サプリを効果的に利用するのであれば

身の回りの問題を解決しつつサプリを

摂取しましょう。

 

 

まず目覚めの悪い環境は運動不足が

考えられます。

 

 

身体は疲れると自ずと休息しなければいけないと

脳に伝えます。

 

 

睡眠をする際にそれほど疲れてなくて

無理に寝ようとしても寝れないのは身体が

疲れてないからなんです。

 

 

また運動不足から急に運動をして身体が

疲れても逆に身体がビックリして

返ってなかなか寝れないこともありますので

運動は適度に行うことがいいでしょう。

 

 

そして飲酒は体内分解で数時間かかりますので

睡眠の妨げにもなります。

 

 

寝る前の間食も身体は回復するために

エネルギーを消化に当てますので眠りに

影響を与えます。

 

 

ネットやスマホなども目に光を与えて

睡眠ホルモン分泌が抑えられてしまいます。

 

 

ストレスやカフェインなどもそうですが、

ともかくそれらをなるべく解消しつつ

サプリで睡眠を高めるようにしましょう。

 

 

どのくらいの実感を感じられるのかについては

一週間だったり一ヶ月だったりしますので

人によって異なるということになります。

 

 

ただ睡眠サプリは絶対に続けていれば

睡眠の質は必ず良くなっていくでしょう。

 

 

どんなサプリが良いのか悩んでいる人は、ブロリコもおすすめです。