朝起きても眠い…目覚めが悪い理由とは?

 

 

朝スッキリと起きることができない、

というのは辛いものです。

 

 

前日の夜、遅くまで起きていたせいで眠い、

夜中に目覚めてしまって寝不足気味で眠い。

 

 

そんな風に、寝不足が原因で目覚めが

悪いとわかっていても辛いものですが、

よく眠ったつもりなのにまだ眠い、

すんなり起きられないというのは

もっと辛く感じます。

 

 

多くの場合、目覚めが悪いのは睡眠の質が

低下していることによると考えられます。

 

 

睡眠の質が低下する原因として、

夜遅くなってからの飲食が挙げられます。

 

 

満腹状態で眠りにつくと、胃に負担が

かかってしまい、体も脳も十分

休息することができません。

 

 

食事をきちんと消化してから眠ることで、

朝の目覚めがよくなります。

 

 

就寝の3時間前までには夕食を

取るようにしましょう。

 

 

過度のアルコールも睡眠の質を悪い影響を

もたらします。

 

 

また、食後のお茶やコーヒーなど

カフェインの摂取も、朝起きた時に

まだ眠いという目覚めの悪さの原因になります。

 

 

カフェインの覚醒作用は4~6時間継続すると

考えられています。

 

 

夕食が遅くなった場合は、食後の飲み物を

カフェインレスにすることで、寝つきが

改善されます。

 

 

スマホやパソコン、テレビなどの画面から

発されているブルーライトにも覚醒作用が

あります。

 

 

また、スマホやパソコンから得られる

情報によって脳が刺激を受け、寝つきが

悪くなります。

 

 

寝つきが悪いと睡眠の質も下がり、

朝になってもまだ眠いという状態に

なります。

 

 

寝る直前までスマホを見るのは

避けたほうが賢明です。

 

 

仕事の関係などで、生活が不規則な

場合は、体内時計の乱れによって、

目覚めが悪い状態なることがあります。

 

 

そんな場合に有効な方法は、朝起きたら

すぐにカーテンを開けて朝日を

浴びることです。

 

 

目覚めが悪いのは、脳が朝であることを

認識できないからです。

 

 

朝日を浴びることで、脳を覚醒させて

眠い頭をすっきりさせ、体内時計を

調整して生活にリズムをもたらすことに

つながります。

 

 

また、起床時に、水を飲むのも

効果的な方法です。

 

 

水は冷たい物ではなく、室温程度のものが

おススメです。

 

 

水を得ることで、内臓の働きが活性化され、

お通じがよくなるというメリットもあります。

 

 

目覚めが悪いと感じている時は、ブロリコを試してみてはいかがでしょうか。