季節の変わり目になって暑い日と寒い日が繰り返されたり、昼夜の寒暖差が激しかったりすると、「頭が痛い」「肌の調子が悪い」「めまいや耳鳴りがする」「身体がだるい」「いつも眠い」といった症状を抱える人が出てきます。

 

激しい気温差や天気による気圧変動は、自律神経に大きく影響すると言われています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つのバランスが乱れることで上記のような症状が出てきます。

 

この自律神経は免疫機能とも深く関わっているので、自律神経の働きが乱れると免疫も正常に機能しなくなってしまい、風邪で体調を崩すなどの症状が出てきます。

 

このように、季節の変わり目や風邪による体調不良には自律神経の働きが関係しているので、交感神経と副交感神経のバランスを整えることで、これらの症状が改善すると考えられます。

 

具体的な方法としては、「いつもより多めに睡眠をとる」「朝食を毎日食べる」「栄養バランスに気をつける」「リラックスできる時間をつくる」などがあります。

 

他にも、強いストレスを受け続けるとさらに悪化してしまうため、残業やハードな仕事など無理をしないことが大切です。

 

ちょっと無理をしてしまったかな?と感じた時は。>>ブロリコを試してみてくださいね。