血圧が気になる人にブロリコは効果あるのでしょうか?

血糖値

「必ず効果があるとは言えないかもしれません。」

 

 

なぜなら、そもそもブロリコは血圧に働きかける成分ではないからです。ブロリコ公式サイトで紹介されているように

 

・健康を維持する

・元気を取りもどす

・季節の変わり目に弱い

 

というような方に向けたサプリメントです。御覧の通り「血圧」に関する情報は紹介されていません。

 

だから、もし血圧に効果を期待したいと望んでいるのでしたら、直接公式サイトで確認する事をおすすめします。

 

ブロリコに関する情報や口コミなども紹介していますので、まずは

からご覧ください。

 

 

そして、ブロリコに興味を持たれましたら直接聞いてみるのも良いかもしれません。

 

ブロリコで血圧を下げたい?

「そう思っている人も多いかもしれません。」

 

 

その前に、ブロリコは血圧が気になる人でも飲めるサプリメントです。

 

 

ブロッコリーには、野菜の中でも特に多くのビタミン類が含まれています。たとえばビタミンCの量は、レモンの約2倍なのです。

 

 

そしてビタミン類に加えてブロッコリーには、特殊な成分も含まれています。

 

 

ブロリコには栄養成分が豊富に含まれているのです。

 

 

これを摂取していれば、健康を増進し体が守られやすくなります。

 

 

そしてこの成分をブロッコリーから取り出し、濃縮したサプリメントがブロリコです。

 

 

ブロリコは、健康的な体作りに役立つサプリメントです。

 

 

そのため利用者が多いのですが、中には血圧を気にして、利用を控えている人もいます。

 

 

というのも、ブロッコリーから作られている以上、ブロリコにはある程度のビタミン類が含まれているからです。

 

 

ビタミン類の一種のビタミンKには、血液を固める力があります。

 

 

怪我をしても出血は自然に止まりますが、ビタミンKはこれを助ける成分なのです。

 

 

しかし日頃から血圧が高い人の場合、ビタミンKを過剰に摂取すると、血圧が一層高くなる可能性があります。

 

 

血圧は、血液の流れが悪くなることで高まります。

 

 

そのためビタミンKが体内で強く働くと、血液が固まりやすくなることから、流れが滞ってしまう可能性があるのです。

 

 

それを懸念して、血圧に悩む一部の人は、ブロリコの利用に二の足を踏んでいるのです。

 

 

ところがブロリコは、活性化成分をメインとして作られたサプリメントです。

 

 

つまり、ビタミン類はメインではないということです。

 

 

具体的には、1日分のブロリコ3粒の中に含まれているビタミンKの量は、わずか0.432μg程度となっています。

 

 

ブロッコリー1株あたりのビタミンKの量が約200μgなので、それと比べると微々たるものです。

 

 

したがってブロリコは、血圧が高めという人でも問題なく飲むことができると言えます。

 

 

飲むことで健康増進がよりしっかりと働くようになれば、体を元気よく動かすことで、むしろ正常な血圧を目指しやすくなるのです。