食事の偏りを改善するために出来る習慣を

ご存知でしょうか?

 

 

食事の偏りは現代人にとってよく見られる

パターンで、健康に大きな問題が生じると

考えられています。

 

 

改善すべき点も多いのでしょうが、現代は

食事という点においては便利過ぎる社会に

なっていますよね。

 

 

スーパーやコンビニに行けば、沢山の弁当や

手軽なフードが簡単に買えます。

 

 

選択性という点において多様な食事が手に

入りやすいのは良いことですが、忙しい

現代の社会人にはあまり食事にこだわらない人も

多いですね。

 

 

食事の偏りで具体的に例を挙げますと、

昼にササッと食べられるカップ麺は

とても便利です。

 

 

これを毎日のランチに食べる社会人も

多いかもしれませんね。

 

 

しかも非常に価格が安いため、食費を

浮かせるためには持ってこいです。

 

 

ですがタンパク質が低く、脂質が高いため

スープまで飲み干すと健康に悪いともよく

言われます。

 

 

こういった生活習慣はすぐに改善すべき

なのでしょうが、お金が無くとも

太ってしまうというのは何だか皮肉です。

 

 

結局は食事の偏りというものは、摂取する

栄養素のバランスが崩れることを意味します。

 

 

基本となる栄養素、タンパク質・炭水化物・

脂質はしっかり摂らないと体脂肪が増えたり、

逆に痩せ過ぎたりする訳です。

 

 

カップ麺の例で言えば、サラダをプラスするとか

自分で弁当を作るとかで改善出来るでしょう。

 

 

自炊すると食事の偏りの改善に良いと

言われますが、それも使い方次第です。

 

 

単品の食事ばかり作っていても不健康ですし、

それならまだコンビニの幕の内弁当の方が

バランスが良いでしょうね。

 

 

食事の偏りが生じてしまう原因は、健康以外に

「生活する上での問題」があるからです。

 

 

お金が無い・時間が無い・食欲が無い、

まず食事が疎かになるのも頷けます。

 

 

しかし健康は一番大切ですし、そのせいで

仕事などに問題が出るかもしれません。

 

 

改善するためにはまず「健康」の優先順位を

上げ、ビタミンとタンパク質を意識した食事を

続けて下さい。

 

 

食事の偏りで多く見られるパターンが、炭水化物や

糖質を摂り過ぎることです。

 

 

これらを意識していれば、取り合えず危機的状況は

改善出来るでしょう。

 

 

食事の偏りは現代人の深刻な病とも言えますから、

出来るだけこういった改善策を生活に取り入れることを

願っています。